2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'11.26 (Sun)

健康診断

ちょうど一歳を迎えたところで、 
今日は 9月に初めて診て頂いたひだまり猫の病院で健康診断を受けてきました。

毎日元気な様子で過ごしていますが、
チアは避妊手術の際にも血液検査を受けていなかったので、
早い段階で一度は検査をしておいた方が良いかと思い 
今回お願いすることに。
それと、右目が夜寝る前になるとやや涙目になること、
及び9月30日と11月2日に鼻血が出たのを確認したことが
気になる点として診察していただきました。

車でお出かけ・・・ どこへ行くの?
20061126151852.jpg
以前にスコは鼻が低いので鼻血がでることがあるとは聞いていたのですが、9月30日に、ケージの中に置いてあるトイレ周りを中心にまるで霧吹きで吹いたような小さな粒状の血痕が乾いた状態でついていたのを発見。
その後も2週間おきに2回ほんのチョッピリですが同様に見かけました。

チアはいつも元気でケロっとしているので、いつどんな状態で鼻血がでるのか、いえ、鼻が汚れているのさえ見たことが無くて鼻血とも断定できないでいました。

そして、11月2日に とうとうその瞬間が見られました。



おもちゃに飛びかかって元気に遊んだあと 
大きくフンッ!フン!と鼻をならしながらトイレに入っていったのです。
チッコかと思いきや トイレのふちに手をかけて 何度か鼻をフン!!フン!!
その度に くしゃみをしたときに飛び散る唾に色がついていたらこうであろうか という様子で
血痕がトイレ周りに飛び散りました。
そのあと直ぐのチアの鼻の穴は真っ赤でしたが、自分の舌で一度ペロリとしたら
キレイになってしまい その後は鼻血が垂れてくることもなくお終い。
こちらの心配をよそにケロリとしたものなのです。
11月2日以降は 鼻血が出た後を見ることはなくなり 落着いています。

チアの場合は 涙目もこのような鼻血も たぶん、鼻が低いことで 
目鼻の通りが悪いためにおこる症状でしょう・・・との診断で、
今度鼻血が出た時に飲めば良い作用が期待できるという 
ホメオパシーの薬を処方していただきました。

ただし、先生のお話ですと スコは鼻血が出る子がままいるそうで 
一般的には重大な病気が原因という訳ではないそうですが、
ブリティッシュ・ショートヘアで見られる遺伝的疾患の
血友病が スコにもあるかもしれないと学会で話しが出ているそうで、
とりわけオス猫はその点も注意して診てもらう必要があるそうです。
(メス猫においてもそういう可能性が全くないとはいえないそうです。)

今日のチアは 触診においても 一般的な血液検査においても 問題ナシの結果でした。
お口の中が とってもキレイと誉められましたよ(^0^)/☆
人間の赤ちゃん用の歯ブラシをさらに小さくカットしたのを用いて
時々歯のブラッシングをしているんですよ。
それから、体重は2.78㎏でした。 
3㎏まではOKですって(^0^)V♪

最後に 爪切りもしてきました。
自宅でばかりしていて プロにお願いしたのは 初めてです。
後ろ足は 抱っこしてチュッチュしているときに 自分でできるのですが、
前足は 私の腕にしがみついたりモミモミしていて なかなか上手にできなくて、
気がつくと前足の場合はすごく嫌がって怒るんですよ。(ノ_・。)
実際に噛みついたことはないですが ウ~~ッと唸って
口をアウッ!とするので こちらもビクッとします。
今日は 私が抱っこして 後ろ足はスタッフの方がそのままチョンチョン切り、
前足はやはり嫌がったので 抱っこしたままえりカラーをつけて切りました。
なるほど、えりカラーをつけると安心してできますね、
今まで気がつきませんでした。
これは一つ用意しておくと何かの時にも便利と思い、購入してきました。


20061126151923.jpg
あ~ぁ やれやれ!  今日はとってもドキドキして疲れたわ

これからも 涙目や鼻血がでる様子を観察していく必要はありますが
とりあえず 安心して過ごしていけます。
よかったね~ チァちゃん! ダイエットも必要なくて(*^m^*)



毎年咲くシャコバサボテンが今年も 花をつけてます 
20061126151940.jpg

にほんブログ村 猫ブログへ

ポッチっと押していただけたらウレシイです






スポンサーサイト
19:29  |  通院(検診・病気)  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

健康診断の結果が、問題なくてよかったです。
これで安心してまた過ごせますね。
こちらもあまり神経質になってはいけないのかも知れませんが
鼻血なんて見たら驚きますね。
チアちゃんも疲れたでしょう。
ゆっくりと休んでね^^
ひぃ~さん | 2006年11月26日(日) 21:03 | URL | コメント編集

ひぃ~さん
これでやっと無事一歳を迎えたと 真から安心しました。
こちらの病院は自宅から遠いのですが、猫の専門病院で先生がとっても研究熱心ですし、
先生ご自身がスコを飼っておられることもあり、
チアのような子も安心して診て頂けるのです。
チアは 帰宅後 それほど疲れた様子もなく 、いつもの調子で昼食を食べ 落着いて昼寝もしたので やれやれでした。=^-^=
chiaママ | 2006年11月26日(日) 21:32 | URL | コメント編集

そうでしたか、chiaママさんが用心深く見守ってたから鼻血も気づくことができたんですね。
私ももっと気を遣ってみなければ。
「お鼻が低い低い」言われても、チァちゃんはお鼻が低いのが魅力だからねぇ。
またいろいろと教えてくださいね。
茶葉ママ | 2006年11月27日(月) 00:10 | URL | コメント編集

茶葉ママ さん
私は、何ごともアバウトでOKな ずぼらな質なので、
猫の健康管理についても、必要以上に神経質になることはないと思っています。
ただ、その子に関して基本的なことは把握しておいてやらないと・・・以前は敢えてチアをジャンプさせて遊ばせてましてから。
チアの鼻血は、ツーッと垂れるものではなくて、フン!とした勢いで出した様子なので、私自身の見解としは そう深刻に捉えていませんでした。
それ以前も、それ以降も そんなに度々は見かけないので、その約1ヶ月間のことは、
避妊手術をしてからのホルモンバランス等の変化の時期だったから?とか・季節の変わり目だったから?とか・・・???
一過性の要因の顕われ・・???(だったらいいな)、
けど チアは鼻が低いから たぶんこれからも たまには あると思います。

チアの鼻血を見ても そうショックではありませんでした、私自身が子どもの頃よく鼻血を出していたから(笑)。
小学校の中学年以降は そんなこと全くなくなりましたけどね。
血の気は多い方じゃないのよ、低血圧ですし(笑)

チアの小さな鼻と足が 私はとっても愛おしいですぅ~~v-344
chiaママ | 2006年11月27日(月) 13:11 | URL | コメント編集

少し遅くなりましたが・・・
ちあちゃん 1歳のお誕生日おめでとう!!^▽^
足のこととか、少し心配なことはあったかもしれないけど、
元気に一年過ごせて本当によかったですね*
健康診断でも元気なことが証明されたし
これからも毎日すこやかな姿を見せてくださいね^^

ところで、鼻血。
コテツも以前2回くらいかな?床に血がついていたことがあって、あれは鼻血だったと思うんです。
血友病のこととか初耳だったので勉強になりました。
でもスコならままあるということを聞いて安心しました。

お母はん | 2006年11月27日(月) 17:10 | URL | コメント編集

チアちゃん、病院お疲れ様でした!
こちらの病院は、たくさんの知り合いネコちゃんが通っていて、本当に素敵な病院ですよね。
こんな素敵な病院が近所にあれば嬉しいだろうな。
鼻血、chiaママさんも心配されたことと思います。
でも、本当にスコで鼻血を出すコって、結構いますよね。
そんなに心配はいらないでしょうが、温かく見守ってあげたいですよね!
それと、チアちゃんはすごく小柄ちゃんなのですね。
今回の健康診断で、色々安心もできたし、これからも元気に健やかにね♪
まりりん | 2006年11月27日(月) 18:07 | URL | コメント編集

お母はん さん
お祝いのお言葉 ありがとうございます。♪
これからも 長く一緒にいるわけですが、
先ずは 無事に一歳を迎えられて とっても嬉しいです。
コテツちゃんも やっぱりありましたか。
一般的な猫にはそう見られないことのようで、
獣医さんによっては大事にとらえられてしまうこともあるそうなのですが・・・
スコは比較的新しく繁殖された種なので、まだよく研究されていないことも多いようですね。
とっても可愛いのにね。
み~んな元気で育っていきますように!v-22
chiaママ | 2006年11月27日(月) 20:42 | URL | コメント編集

まりりんさん
こちらの病院は、私の家から遠いのですが、
チアの手足の見かけの様子が心配だったので、猫の専門病院で診て頂く方が良いと思って連れて行ったのです。
なんとか通える範囲で良い病院に出会えて幸いです。
掛かり付けの地元の病院は、まだお若い男の先生で、「なるべく動物に余計な負担はかけない方が良い」というスタンスのようで、
避妊手術の時に血液検査もしないし、チアの足のことをお伺いしたときも、「今現在不都合がないようなら余計に心配してもしょうがないでしょう」という感じなのです。
とっても穏やかで優しい先生なんですけどね。
ただ、スコに関してはあまりご存じないような返答があったので、それで心配になったのです。
近いところで信頼できる病院があるのが一番ですよね。
chiaママ | 2006年11月27日(月) 21:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chia1188.blog49.fc2.com/tb.php/66-c866b351

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。