2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.28 (Sat)

マイケルでポップにお昼寝

onソアファ


はい、観てきました THIS IS ITを!
チケット
上映最終日前日に駆け込みで ( ̄m ̄* )。

私はそれほどファンではなかったし、これまでレコードやCDを買ったこともなかったけど。
やはりTVで彼の歌声や映像が流れると目が釘付け かならず見入っていたものです。
世界中を虜にするほど凄いパワーをもったアーチストだったものね。

けど私は、急逝したあとTVにさんざん流れたコンサート.リハーサルの一部映像を見て、
正直、痛々しいものを感じていたの。
動きが全然違うんだもん・・体にバネが無くなってた。
ほんとうにリハーサル全てをちゃんとこなせたのだろうかと疑問にさえ思っていた。


上目クロス


やっぱり観に行ってよかったよ。 heart03
映画には、満足いくコンサートにしようという意気込みがしっかり映し出されていたし、
リハーサル中の彼には生身の人間らしさが見えて嬉しかった。
後年のすっかり作り物となった顔からは表情や感情が窺えなかったもの。
ダンスや歌に対する情熱は最後まで見事なものだったし、
スタッフとの打ち合せの様子に穏やかで優しい人柄を感じた。



見終わって一番印象に残ったのは
ある曲を歌い踊り終えた瞬間に ちらりと見えた
 彼の満足そうで嬉しそうな笑顔だった。
この無垢な笑顔が見られた一瞬に、
私が抱いていた彼の中の負のイメージがすべて飛んだ。


横向きクロス
そうかもしれないね。
彼は もっとありのままに自分を愛せたらよかったのに。
やっぱりあんなふうに何度も整形を繰り返して欲しくなかった。
素敵な肌色で、精悍さと繊細さを併せ持った格好いい彼だったのに。
複雑な心理状況がなせる行動だったのかな。


昼寝


ええ、今更ながら買ったんですよ
これ、 「マイケル・ジャクソン/キング オブ ポップ-ジャパン.エディション」  
KING OF POP
うふふ、毎日 聴いてますおんぷ


ご訪問ありがとうございました
スポンサーサイト
08:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

私は観てないんです。
みたらなんか終わった瞬間に胸が苦しくなりそうで。
なのでもしDVDが出たら、それを少しずつ見ようかな?と。
私はマイケルがロンドン公演をすると聞いたとき
また集金だけしてドタキャンじゃないのか?って疑ったんです。
係争中のマイケルなんて杖をついてとても歌えるような状態には見えなかったし。
でもリハーサルの一分何秒かを見てその疑惑は粉砕されました。
本当に頑張っていたんだと思うと、なおさら苦しく、惜しく・・・
20年前のマイケルに会って言いたいわ。
「整形しちゃだめよ。コーラのCM撮影に気をつけて。
自分は大人なんだから子供と一緒のベッドに寝ちゃダメヨ」って。
茶葉ママ | 2009年11月30日(月) 14:23 | URL | コメント編集

私もファンではないんですが、TVで流れると
必ず目を奪われる一人です(*´ェ`*)
彼ってほんとすごいですよね。
好きじゃないのに見入ってしまう魅力・・
ほんとすごいな~って思います。
だからなお更残念です(涙
映画面白かったんですね!私も是非見てみたいな!!

あと・・関係ないんですが
チアちゃんのお手手ってほーんと
ぬいぐるみみたいで超かわいいです(笑
ポコンとしてる(*ノωノ)
みゅー | 2009年11月30日(月) 16:38 | URL | コメント編集

★茶葉ママさんへ

正直、ダンスの動きからやっぱり彼は弱っていたのだろうなぁと
見て取れたところがあったことは否めないです。
あれほど優れた感性とリズム感で踊れた肉体を持っていた人ですから、
本来なら50歳でもまだまだ全盛期に負けないパフォーマンスが出来たはず。

客席にせり出して動くクレーンに乗るリハーサル場面で、スタッフから
「しっかりつかまっていてね」と声を掛けられ素直に頷く彼。
何気ない一場面だけど、若かりし頃のコンサートでは同じようなクレーンで、
膝を客席に突きすパフォーマンスをしていたほどエネルギッシュだったことを思えば
しみじみした気持ちにもなりました。

でもね、ロンドン公演にかけていた情熱は本物だったと確信できましたよ
真剣な思いだけに肉体的には相当無理をしていたんでしょうね、、、
そう言う意味では、主治医も辛かったと思うな。
ロンドン公演が実現できなかったこと、彼は無念だったでしょうけど、
リハーサルとはいえ、最後まで歌とダンスにかける情熱的な姿を残してくれたこと
本当によかったと思いました。 
chiaママ | 2009年11月30日(月) 19:12 | URL | コメント編集

★みゅーさんへ

ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ みゅーさんご訪問ありがとう☆
娘の私への評価上がりまくりだわ~(笑)
おかげで、親子の会話が弾みましたよ。
娘もドラちゃん すっごく可愛いって言ってました。

耳折れスコの手って丸々してるのよ^^
↑の茶葉ママさんのブログタイトルは
「おしゃもじパンチ」です、スコちゃんの手の形から
つけたんですってよ^^
チアは香箱を組まず、リラックスしているときは
いつもこのクロスの手なんです。(*^_^*)
chiaママ | 2009年11月30日(月) 19:13 | URL | コメント編集

ちょうどワタシはスリラー全盛期に十代を過ごしました。

マイケルの曲と十代の楽しい思い出は、全てセットになってる感じなんです。
彼が亡くなったと知ったときは、自分の中で何かが終わった…という
喪失感を感じましたね~、本当に残念で淋しく感じました。
以前に、マイケルの元の肌の色と同じ友人がいましたが、やはり
私たち日本人には理解しがたいコンプレックスや差別が今でも残って
いて、理解したいのに理解しようがない壁の厚さを感じたものです。
ワタシも映画見たくなりました。迷ってたけど、彼の笑顔を見たいな。
彼の歌声もダンスも歌詞も、大好きだったんだもの、行かなきゃ!!

チアちゃん、踊りだしたりしないかしら?ちょっと期待してます、ウフv-344


kumakoro | 2009年12月01日(火) 10:48 | URL | コメント編集

★kumakoroさんへ

kumakoroさんから少し上の方々までが一番思い入れ深い世代なのでしょうね。
思えば、彼が多感な青少年期だった30~40年前は、
今以上に肌の色(人種)における差別意識が強かったものね。

彼は人間不信をはっきり口に出してもいましたね。
5~6歳からどっぷりその世界での生活だったわけだから、
精神的にはピュアというか、要するに大人になりきれなかったのかな。
誰を何を信じたらいいのか混沌とした苦しみはあったでしょうね。
親も信頼出来なそうだったものね。
だから子どもとの世界が一番リラックスできるところだったのでしょうかねぇ。

彼のバラード、凄くいいですね!
ダンスパフォーマンスもいいけど、50才以降もじっくり聞かせる
素晴らしい歌をいっぱい残せた人なのにと思うと残念でなりません。

マイケルに対する思いは一人一人違うので、
私とは違った印象や思いを抱かれると思いますが、
この映画、是非観て下さい^^  
chiaママ | 2009年12月01日(火) 18:53 | URL | コメント編集

私は結局行けませんでした。
会社の人の中では大絶賛でしたね。
とりあえずDVD予約はしました。
レオモモママ | 2009年12月06日(日) 17:34 | URL | コメント編集

★レオモモママさんへ

DVDの方が何度も見られていいですね^^
私は一度見たきりなので勝手な思い込みで印象を書いてしまってます。(汗)

私もまたゆっくり見たいな~☆
chiaママ | 2009年12月06日(日) 22:22 | URL | コメント編集

★こんばんは

私もちょうど、マイケル全盛時代のスリラーのころは
よく聞いていたけど、最近は、あんまり
良いイメージがなくなっちゃって(報道されることが
イメージダウン的なことばかりだもんね)
あんなに大ヒットして、大豪邸に住んでいても
あんまり幸せじゃなかったのかな・・・?って
思っちゃうね。
普通に過ごしていたら、もっと長生きできた気がするし。
でも、凄いスーパースターだったことには変わりがないけどね!
斗夢 | 2009年12月06日(日) 22:30 | URL | コメント編集

★斗夢 ちんへ

伝説に残るスターなのは間違いないよね。
彼は歌って踊っているときが一番幸せだったんだなぁと
この映画を観てつくづく思ったよ。

でも、「幸せな暮らし」って彼自身イメージが持てなかったのかしら。
どんな豪邸に住んでもきっと愛がなければ寂しい暮らしだよね。

彼が子どもが好きだったのは理解できなくもないけど、
かといってもし本当に傷ついた子がいたとるれば
その罪は絶対に消えないし許されないこと。
彼の三人の子どもたちも幸せだったのかしら?
幸せに生きていって欲しいですね。。。
chiaママ | 2009年12月06日(日) 23:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chia1188.blog49.fc2.com/tb.php/329-fa08ba19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。