2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'06.05 (Fri)

美術展へ

ef698834f1f8808c_mまげ
「白いエプロンと手袋をつけた猫だわ」 「ふふふ ちょっと生意気そうね」

e2169af308a594e3_mバラと額装
「この猫耳先だけがチョコンと開いているわ」 「ずいぶん眼力が強い子ね」

と、最初にご案内したのはバーチャルチア美術館(こちらから拝借)でございますが、



わたくし、「阿修羅展(東京国立博物館)」(←クリックするとリンクへ移動)と
「日本の美術館名品展(東京都美術館)」に同日ダブルで観てまいりました。

「日本の・・名品展」の無料券を頂いたのでご一緒しましょう
と誘っていただき出かけたのですが、
そちらの方はスムーズに入館鑑賞できたので、
ついでに阿修羅展も観ておきましょうと長蛇の列に並んだ^^:。

同じく上野では「ルーブル美術館展(国立西洋美術館)」も開催中でして
これまた阿修羅展以上の長蛇の列、上野の森はいつも以上の大賑わい。

1時間半列んでやっと入館できた
002阿修羅
でもねー、観て良かった!

想像以上に細身で小顔、まさに奈良のイケメンです。
一つの体に三つの顔と六本の手を持った仏像を思いつく構想がすごい。
その姿だけ想像すると普通グロテスクな凄みをたてえていそうだけど、
この阿修羅像はスッキリ伸びやかに洗練されたフォルム、
顔の表情には憂いと苦悩も表わされているけど、全体的にとても優美な印象を受ける。

何枚か重ねた麻布に何度も漆を塗っては硬度をつけるという手法で制作された
脱活乾漆像(だっかつかんしつぞう)なのだそうです。
体の中が空洞のため軽く移動しやすいことで、天平時代から幾度の戦渦を免れつつ、
こうして我々の時代まで保存されてきた国宝なのです。
さすがに表面の漆塗装はかなり色あせています、
出来たての頃は真っ赤なお顔で、
もっと強い気迫を感じさせる像だったのでしょうね。


一方、「日本の美術館名品展」は
その名の通り全国美術館の名品が一堂に会しており、
ミレー・ルソー・シャガール・ミロ・ゴッホetcの洋画はもちろん
黒田清輝・藤田嗣治・片岡珠子etcの日本画、横山大観等の水墨画、
高村光太郎等の彫刻と見応え十分です。
贅沢でお得な展覧会だと思います、
こちらは7月25日まで開催されてますよ~☆

あら~こんなところにチァちゃんがいるヾ(=^▽^=)ノ
IMG藤田嗣治
と、私が喜んだのは  藤田嗣治「私の夢」という作品。
ね、耳先だけがピョコンと反り返っている猫がいるでしょ?
あはは~ どこにいても親バカが出てしまう私でした  ( ̄m ̄* )テヘ♪


ご訪問ありがとうございました
スポンサーサイト
19:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

阿修羅展、今週で終りなんですね~!!
ああ、また見逃しちゃった・・・。
上野の美術館は、いつも混んでいるけれど
やっぱり本物ってそれだけの価値があるんですよね~

藤田作品のチアちゃんのそっくりさん、
コロンとした感じも似ている!!
絵葉書とかなかったのかしら??
それにしても、『チア展』はどこの美術館で
いつまで開催されているのかしら~♪
ミユキ | 2009年06月06日(土) 10:53 | URL | コメント編集

★ミユキさんへ

出不精な私ですが、いつも友達が誘ってくれるのでありがたいです。
観たいと思っていても混雑していると思うと敬遠しがちになりますよね。

藤田作品の絵葉書、もちろん買ってきましたよ~
その葉書をスキャンで取り込んでUPしたのが本文の写真です^^

チア美術館は、「チア美術館へ☆」と3回唱えて眠りにつくと
夢の中で案内されるようですよ☆-(^ー'*)b

chiaママ | 2009年06月06日(土) 18:08 | URL | コメント編集

阿修羅展は開催前からすごい宣伝で上野界隈は阿修羅に溢れていたんですよ。
「阿修羅見てどうする?」と思っていたけど、先日、TVで阿修羅にはまった芸能人が出てました。
阿修羅の会みたいのもあってマニア(根強いファン)が多いようですね。
私も見てしまったらハマりそうだなぁ。あとルーブル展も見ておかないと。
現地に行っても見られないことがあるんですよね。
でも一番、感動したのは「チァ美術館」かな。
一度見たら忘れられないもの。
茶葉ママ | 2009年06月07日(日) 05:46 | URL | コメント編集

★リンクありがとうございます♪

阿修羅今日まで
だったのですね・・・・
ざんねんです
ひで | 2009年06月07日(日) 12:06 | URL | コメント編集

★茶葉ママさんへ

昨年の秋に行ったフェルメール展もやはり列ぶほど盛況でした。
なんのかんの言っても日本は平和で豊かなのだなぁと実感します。
ありがたいことです、感謝を忘れてはいけませんね。
ルーブル展は来週日曜日までです、
この時期は特別19時まで(通常5:30閉館)観られますので、
9日~11日の夕方5時少し前に着くようにするのが狙い目だと思います。
たぶん30分以内に入館できると思います。(*^-°)v
通常時間帯は100分以上待ちの覚悟がいります。
chiaママ | 2009年06月07日(日) 19:07 | URL | コメント編集

★ひでさんへ

おかげで楽しい記事になりました^^
また機会があれば他のアイテムも利用させていただきたいと
思います。
ありがとうございました(*^^*)。
chiaママ | 2009年06月07日(日) 19:10 | URL | コメント編集

うふふ…チアちゃん美術館堪能させてもらいました~♪

たくさんのゴミ袋と段ボール箱に囲まれて、芸術とはほど遠い毎日を送って
おりまする~。 阿修羅像は、一度は見た方がいい…と友人に言われた
ことあります。 名古屋と奈良は近いので日帰りで行けそうな気がします。
でも阿修羅展はライティングが綺麗だと評判ですよね!奈良は地味~だと
言われてますが、きっとどちらにも良さはあるんでしょうね!

チアちゃんの生意気そうな雰囲気はワタシは大好きですよ、そこがキュート!v-344
kumakoro | 2009年06月10日(水) 13:07 | URL | コメント編集

★kumakoroさんへ

この展覧会は阿修羅はじめどの仏像も
ケースなしで素の儘展示されていて、
しかも阿修羅像をくるりと真後ろまで360度鑑賞できるところが
大盛況の所以だったの。
興福寺ではガラスケースに納められているそうですね。
ライティングが評判よかったんですか、知りませんでした^^:。
館内ずいぶん暗いなぁと思って観てました、
直接展示だから通常より弱いライティングにしてあるのかと。
そういえば阿修羅像が足下から顔まで柔らかな光ながらも
よく浮き出て見えていたかも、
ははは~結構いい加減ですね、私i-229
chiaママ | 2009年06月10日(水) 22:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chia1188.blog49.fc2.com/tb.php/301-20403042

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。